Fishing Fun

釣りの総合ポータル

トラウト

トラウトフィッシングにおすすめのベイトフィネスロッド10選

投稿日:

近年はトラウトフィッシングでベイトフィネスを使用する方も多いのではないでしょうか?

各メーカーが発売するベイトフィネスリールのスペック向上もあり、以前に比べるとベイトフィネスに対する敷居も低くなってます。

今回はそんなトラウトフィッシングにおけるベイトフィネスに挑戦したいと考えてる方におすすめのベイトフィネスロッドを紹介します。

トラウトフィッシングにおけるベイトフィネスの特徴

トラウトフィッシングにおけるベイトフィネスのメリット

トラウトフィッシングは渓流、本流などを問わず、様々なポイントを打って歩くランガンの釣りになる場合が多いです。特に渓流域では1つのポイントについている魚には限界があり、足を使った釣り歩く釣りがほとんどです。

そのため1つ1つのキャストが確実に決まり、手返しの良い釣りができるベイトタックルが有利になる場面が非常に多いのです。

また近年はバスフィッシングでのベイトフィネス人気もあり軽いルアーを簡単にキャストできるベイトリールも増えてきているため。以前に比べると手を出しやすいくなってきています。

トラウトフィッシングにおけるベイトフィネスのデメリット


ベイトフィネスリールは簡単に軽いルアーをキャストできるものの、スピニングリールに比べるとライントラブルなどが圧倒的に多いです。特にバックラッシュはベイトリールの使い方に慣れたベテランアングラーでも発生することがあるトラブルで、ラインの状態によってはその日1日釣りにならない可能性も十分にあります。

またベイトフィネスはロッドのラインナップがスピニングに比べるとまだまだ少ない分野です。もちろん様々なメーカーから河川や扱うルアーに合わせたロッドが販売されてるものの、痒いところに手が届くロッドは少ない印象です。また低価格帯のロッドやリールが少ないため、タックルにかける予算はスピニングに比べると高くなりがちです。

ベイトフィネスロッドのおすすめスペック

渓流用ベイトフィネスロッド


渓流用のベイトフィネスロッドはトラウトロッドの中でもラインナップが広いです。5f前後のLアクションのロッドが中心となっており、2gから10gまでのルアーに対応しているモデルが最もベーシックです。

渓流用のベイトフィネスロッドの場合、渓流での不意の大物にも対応するバットパワーを兼ね備えたモデルも多いため、最もベイトフィネスが優位に働くモデルとも言えます。

本流用ベイトフィネスロッド

本流用のベイトフィネスロッドは6f以上のレングスで10gを超えるルアーも快適にキャストできるモデルです。渓流ベイトに比べるとまだまだラインナップは少ないですが、北海道など50アップが当たり前のように狙えるポイントでは心強い一本です。

おすすめのロッド

ベイトフィネスロッドの選び方

ベイトフィネスロッドは使うフィールドの川幅や地形などに合わせてレングスやウェイトを絞っていく必要があります。

通常のベイトタックル同様、ある程度の重いルアーは問題なくキャストできますが、軽いルアーを使用するフィールドである場合はロッドとリールの相性も非常に大切です。そのためロッド選びをしていく中で、ウェイトだけではなく、ティップの柔らかさなどにも注意が必要です。

ダイワ ピュアリスト 52ULB

ダイワから発売されている渓流用のトラウトベイトフィネスロッドです。価格は1万円前後と、トラウト用のベイトロッドの中では低価格な点が魅力です。

渓流用であるため、7gまでのルアーしか使用できないですが、スピニングタックルに比べると同じULであってもバッドパワーがしっかりしている印象です。

メジャークラフト ファインテール 502L

メジャークラフトから発売されている渓流用のトラウトベイトフィネスロッドです。5フィートの渓流用ロッドでありながら10gのルアーまでキャストできるため大型が狙えるポイントには最適の一本です。

ヘビーシンキングミノーを使ったミノーイングにも適しているため、こちらもトラウトベイトフィネスの入門ロッドとしておすすめです。

シマノ カーディフNX B50UL

シマノから発売されている渓流用のトラウトベイトフィネスロッドです。レングスから対応するルアーウェイトまで見ても、最もスタンダードなロッドといっても過言ではありません。

価格帯は1万円台後半と、エントリーモデルに比べるとやや高めですが、本格的なベイトフィネスを始めるには最適なロッドです。

シマノからは人気のベイトフィネスリールが様々な価格帯から発売されているため、それらと相性が良い点も魅力です。

シマノ カーディフNX B64L

シマノから発売されている中流用のトラウトベイトフィネスロッドです。中流域に対応するベイトフィネスロッドは非常に珍しく、カーディフNXシリーズの中でも汎用性が高い一本です。

アブガルシア トラウティンマーキス 516LTE

アブガルシアから発売されている渓流用のトラウトベイトフィネスロッドです。テレスコタイプになっているため、携帯性に優れています。山岳部や源流部でのランガンにおすすめのロッドです。

テイルウォーク ケイソンランズバック C510M

テイルウォークから発売されているトラウトベイトフィネスロッドです。渓流用のレングスでありながら、Mという非常に強いアクションが魅力です。ルアーウエイトも18gまで対応しており、渓流から本流までを一本で楽しめるロッドです。

ダイワ シルバークリーク 55LB

ダイワから発売されている渓流用のトラウトベイトフィネスロッドです。同価格帯のカーディフNXに比べるとややハリがあり、ミノーイングなどに向いています。価格は2万円台前半です。

テンリュウ レイズ 56L

テンリュウから発売される渓流用のトラウトベイトフィネスロッドです。レイズシリーズは渓流用の高級ロッドとして人気が高いモデルでベテランアングラーの中でも愛用している人が多いです。

価格は3万円台と高価ですが、より繊細な釣りを求めるアングラーには間違いない一本です。

フィッシュマン ビームス シェラ

フィッシュマンから発売される渓流用トラウトベイトフィネスロッドです。ビームスは4万円台と高価でありながらベイトフィネス用のトラウトロッドとして1.2を争う人気モデルです。

携帯性の高い仕舞寸法と狙ったポイントに快適にキャストできる使いやすさは、どんなフィールドでも心強い渓流用ベイトフィネスロッドです。

フィッシュマン ビームス  ローワー

フィッシュマンから発売される本流用ベイトフィネスロッドです。7フィートの長めのレングスと、非常に綺麗に曲がるティップを持ちながら、ビッグトラウトとも互角にやりとりできるロッドです。

キャストも非常に快適で、使う人を選ばないおすすめロッドです。

まとめ

今回はベイトフィネスに最適のトラウトロッドについて見ていきました。スピニングロッドに比べると安価なモデルでも1万円台前半とやや高めの価格設定になっているため、購入する際は気に入ったモデルをしっかり選んで買いたいですね。

使用するフィールドやルアーに適したロッドが見つかった際は予算よりやや高めであっても、スペックや使用感を重視して購入することをおすすめします。

 

The following two tabs change content below.
まこと

まこと

ルアーフィッシングを嗜む北海道のアングラーです。 トラウトやロックフィッシュを中心に全道各地で釣行しています。 バスフィッシングの技術や道具をロックやトラウトに活用した釣りスタイルを目指しています。 またフリーライターとして釣り関係のウェブ上での記事や釣行レポートを執筆しています。

-トラウト
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トラウトフィッシングにおすすめのミノー10選

トラウトフィッシングで欠かせないルアーの一つがミノーです。魚型で出来たこのハードルアーは流れやロッドアクションに合わせて絶妙な動きを見せトラウトにアピールします。 近年はこのミノーを使ったミノーイング …

上級者向け!トラウトフィッシングでベイトロッド!?

皆さんはトラウトフィッシングでどんなロッドを使用していますか? 基本的にはスピニングロッドを使用する方が多いと思います。 しかし近年ではベイトロッドもジワジワと人気を伸ばしており、専用ロッドも販売され …

トラウト用スプーンの使い方とおすすめ10選

トラウトフィッシングでは様々なルアーが使われています。 スプーン、ミノー、クランクなど、それぞれフィールドや対象魚によって様々な使い分けがされています。 その中でもスプーンは、単純なリトリーブでトラウ …

ダイワのおすすめトラウトロッド8選

シマノと人気を分かつ釣具の大手メーカーがダイワです。近年は最先端の技術を盛り込んだリールやロッドを数多く販売しており、人気を博しています。 これまではトラウトフィッシングの分野ではシマノにやや劣る印象 …

【北海道の川釣り】河川で狙えるトラウトとポイント

北海道といえば、豊富な河川に様々な魚種が潜むトラウト王国です。 魚種の豊富さはもちろんですが、魚影の濃さやサイズなども全国でも指折りです。 今回はそんな北海道の河川で狙えるトラウトとそのポイントについ …

スポンサーリンク