Fishing Fun

釣りの総合ポータル

トラウト

ミノーでトラウト攻略!これであなたもマスターできます!!

投稿日:2017年2月7日 更新日:






こんにちは!
まだ寒い日が続いていますが、徐々に暖かくなってきましたね!
釣り人も嬉しい時期になってきました。
色々な釣りのジャンルがありますが、管理釣り場に行かれた事は
ありますでしょうか?トラウトの引きはとても強く最も引く魚とも言われています。
今回は管理釣り場で使用するミノーの特徴やミノーでトラウトを釣る攻略について
ご紹介していきます。



どんなときにミノーを使う?

管理釣り場でも色々なルアーがあり、使うタイミングや天候にもよって色の使い分けがあります。
どんな時にミノーを使用すればいいのか迷われる事もありますよね?
まず、ミノー使用する際のターゲット魚はイワナ・ブルックトラウト・タイガートラウトなど、
イワナ属と言われる魚がメインターゲットとなります。
もちろん、レインボートラウトやブラントラウトなども釣れなくはありません。
フィールドの条件などはその日その日で違いますが、ライズや日中食いが渋い時など
広範囲に探りたい時がベストです!!

ミノー使用時のタックルは?

タックルについてご紹介します。
管理釣り場でのタックルはとてもシンプルでお手頃に購入できます。
あまり安いのものだと使い勝手が悪いので、中間位のお値段がいいですね!
各タックルをご紹介します。

ロッド

長さ・・・5.6フィート~6.0フィート
※初心者には適している長さになります。
硬さ・・・ULクラス~SULクラス(軽いルアーをキャストするので基本的には柔らかいです。)
※ミノーインクで適しているのはULクラス。オールマイティーに使用したいのならSULクラス。
メーカー・・・自分の好きなメーカーや使い勝手・予算に合わせて。

リール

1000番クラス~2000番クラスでシャロースプールのリール。
※今はハイギア(HGS)のリールもあるので、自分の手にあったリールをチョイスで!!
※お店の人に聞くと教えてくれます。

ライン

ナイロンライン 2lb~3lb
※管理釣り場では基本的に軽いルアーをキャストするので、ラインの太さは細くなります。
自分が行くフィートにもよりますが、デカイ魚が多いのなら3lb~4lb使用します。
PEやフロロラインはおすすめできません。PEではキャストする際にガイドにバチバチ当たり、
飛距離がでません。またフロロラインはナイロンラインに比べ硬く、重いのでこれも飛距離がでません。

巻く量ですが、100m巻いておけばライントラブルがあっても1日大丈夫です。
基本は1日1回使用したら破棄です。トラウトが掛かるとドラグが出てラインがヨレヨレになります。
たくさん釣れば釣るほどラインはヨレヨレになります。半日で使えなくなる時もあります。1日釣行したら破棄です。

ミノーのアクションの仕方は?

ミノーは色々なアクションが可能な万能ルアーと言えます。
基本のアクションをご紹介します。

ジャーキング

連続的にロッドをあおってルアーにアクションを与える動作。

トゥイッチング

手首のスナップを効かせながら、ロッドティップを小刻みに動かしながら、
ルアーにアクションを与えるテクニック。ジャーキングよりも短い操作。

※基本的なアクションは上記の2つになりますが、タダ巻きやルアーに合ったアクションを
すると良いでしょう!「このアクションすると必ず釣れます!!」なんてことはないので、
色々なアクションを試してみてトラウトに活性を与える事が重要です。
自分で作ったアクションで大きなトラウト釣った時の喜びはいいものですよ!

ミノーの種類は?

今はたくさんの種類のミノーが売っていますよね!
管理釣り場では管理釣り場用(適しているルアー)のミノーがあります。
大きさも色々ありますが5cm前後の軽いものを中心に揃えると良いでしょう!

形状はスマートな細いものからふっくらとしたボリュームがあるミノーまで様々です。
揃え方は水面からボトムまでタナに分けて揃えるとその時の状況で使い分ける事が出来ます。
リップの長さや角度によっても泳ぐタナや動きも様々ですので、アピール系、ナチュラル系を揃えましょう!

色の種類は水の色で使い分ける事が多いので、小魚に似ているキラキラした色や派手カラー
(蛍光色系)を揃えるといい感じです!

おすすめのミノーは?

実際のミノーの商品を見てみましょう!

バスディ シュガーミノーSG 50F
ナチュラル感を演出してくれるミノー!1つは持っておきたいルアー!

シマノ カーディフピンスポット 50S
飛距離抜群です!シンキングタイプなのでカウントしながら好きなタナも
探れます。トラウト専用設計でとても使いやすいルアーです。

ロデイオクラフト パニッシュ70SP
独自のスイミングアクション。トゥイッチングでのトリッキーな動きも魅力。


まとめ

いかがでしたか?管理釣り場で使うミノーについてご紹介しました。
ミノーの楽しみ方は色々あり、万能ルアーと言う事を忘れないで下さい!
食いが渋い時、広範囲に責めるのもよし!
ミノーで1日責めるのもよし!!
リアルに小魚を演出し、トラウトに興奮を与えて食わせる釣りはとても
楽しいです。掛かった時の瞬間、一気にドラグが出てジージー鳴っている時は
気持ちがいいです!
是非、皆さんも試して下さい。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Fishing Fun編集部

Fishing Fun編集部

Fishing Fun編集部です。釣りを愛する皆さんがより楽しくなるような情報を配信していきます!

-トラウト
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トラウトラインシーン別徹底ガイド!種類別特徴とおすすめライン紹介

トラウトフィッシングに欠かせないアイテムといえばラインですね。 ナイロン、フロロカーボンはもちろん最近ではPEラインやエステルラインを使うアングラーも多いですね。 今回は各種ラインの特徴とオススメライ …

上級者向け!トラウトフィッシングでベイトロッド!?

皆さんはトラウトフィッシングでどんなロッドを使用していますか? 基本的にはスピニングロッドを使用する方が多いと思います。 しかし近年ではベイトロッドもジワジワと人気を伸ばしており、専用ロッドも販売され …

トラウトフィッシングにおすすめのベイトリール9選

トラウトフィッシングといえば、スピニングタックルを思い浮かべる方も多いと思います。もちろんスピニングタックルはトラウトフィッシングで使われる細いラインを使い軽いルアーを使うことに適したタックルです。 …

としまえんフィッシングエリア徹底解説!エリア情報から練馬サーモン攻略法まで

東京23区でエリアトラウトが楽しめるのがとしまえんフィッシングエリアです。冬の間はとしまえんのプールが管理釣り場となり、初心者、ファミリーから中級者以上のアングラーが幅広く訪れるスポットです。 豊島園 …

トラウト用スピニングリール10選!管理釣り場もネイティブも一挙紹介!

皆さんはどんなスピニングリールをトラウトフィッシングで使用していますか? 低価格のエントリーモデルから専用モデルまで・・。 現在は様々なスピニングリールが販売されていますね。 今回はトラウトフィッシン …

スポンサーリンク